98561CE6-57DE-4F61-95CC-1D010277E969

威宁路周辺のレンハン、ハーパンまで!

ここ数日、急なギックリ腰で一歩も動けなくなった方から連絡を頂き、
往診という形でご自宅に伺うケースが増えています。

 

昨日は、威宁路辺りのレンハン、ハーパンといった所に伺いました。

D274041B-67EF-432C-B48F-3D60A49F10E3

先日は、黄金城道の歩行街にあるマンション群にも往診で行きました。
(歩行街ではケーキ屋のMIYAKEが目に入り、お茶でもして行こうか一瞬躊躇いましたが、素通りです)

浦西は、タクシー30分圏内なので、市内であれば、
ある程度 の距離でも出張、往診は可能だと思います。

浦東は、時間に余裕がある時、となるかと思います。

たた夕方のラッシュの時間は、上海の車の混み方は酷いので、
やはりその時の状況によるかもしれません。

遠方の場合は、先ず一度ご連絡ください。


お問い合わせはWeChatでも大丈夫です。
以下のQRコードをスキャン頂くか、
pt-shanghai
とID検索してください。

著者情報

水流 悠理 (つる ゆうり)

水流 悠理 (つる ゆうり)

上海在住5年目の理学療法士。術後の入院リハビリは華山・華東医院と提携し、外来リハビリは永恵華クリニックで行っている。スポーツ障害や肩、腰、膝など の整形外科疾患を得意とする。スポーツ整形への知識・研究が深い。

コメントはありません

コメントを投稿する