【痛風】油断大敵!その激痛は突然やってくる…【アシスタントのリンリンのブログ①】

皆さま、こんにちは!TOWAKOリハビリ科アシスタントの小林林(リンリン)です。

整形外科の潘医師、リハビリ科の水流先生のサポートをしています。\(^o^)/

リハビリ科から皆さまへ、カラダの事、リハビリのあれこれ、リンリンの独り言(笑)などをお届けしてまいります。

 

あっという間に正月も過ぎ、2021年が始まりました。

上海も本格的な冬到来、とても寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、リハビリ科、リンリンブログの第一回目は、“痛風”についてお話させていただきます。

皆さま、痛風という病気をご存知でしょうか?

聞いたことがある方が多いとは思いますが、とっても恐い病気なのです。。。

 

———————————————————-

痛風とは…

痛風は高尿酸血症に起因する病気。

尿酸は、プリン体(プリン環の構造を持つものの総称。核酸の代謝産物)が分解されることでできる物質。

プリン体を多く含む食べ物を取り過ぎ、代謝経路のどこかに異常等で、体内のプリン体は少しずつたまっていきます。

プリン体が体内で分解されると、最終産物の尿酸がつくられます。

 

*高尿酸血症:血液中の尿酸値が、通常よりも高い状態です。尿酸が過剰になると、体内で析出して結晶を作り、痛風と呼ばれる病気を発症することがあります。)

<以上、インターネット参照(Medical Note)>

———————————————————-

 

ネットで調べると、上記の通り、専門的な難しい内容が出てきます。

わかりやすく言いますと、ある日突然、足の親指などの関節が腫れて激痛におそわれる病気で、この症状は発作的に起こることから「痛風発作」とよばれ、発作が起こると、2~3日は歩けないほどの痛みが続きます。

ちなみに、男性に多い病気です。

その後、痛みは徐々にやわらいでいきますが、正しい診断や治療を受けずに放置していると、同じような発作が繰り返し起こり、発作を起こすたびに病状は悪化していきます。

 

痛風の原因となる高尿酸血症は、生活習慣、とくに食生活が大きく関わっています
尿酸は「プリン体」が分解されてつくられます。

プリン体とは、細胞の新陳代謝やエネルギー代謝によってつくられる物質ですが、

我々は、食品からもプリン体を摂取しているのですよ!

 

 

リンリンはお酒を飲むのが大好きなのですが、実は、アルコールは体内でプリン体の合成を促し、尿酸の排出を抑制することがわかっています。

つまり、カラダに尿酸を溜め込むことになり、痛風のリスクが上がると言う訳なのです(T_T)

 

アルコール以外にも危険因子が潜んでいますのでご紹介しますね。

 

(痛風の危険因子たち)

  • 過食
  • 高カロリー食
  • 動物性食品のとりすぎ
  • 多量の飲酒
  • 運動不足
  • 激しい運動
  • 精神的ストレス

 

(プリン体を多く含む食品)

  • 牛・豚・鶏レバー
  • 牛肉、豚肉
  • イワシやアジなどの干物
  • 白子、アンコウの肝
  • 車エビ、タコ   など

(プリン体の多いお酒)

  • ビール、日本酒、紹興酒、ワインなど

 

あらまぁ、、、リンリンの好物も結構含まれています(; 😉

全く摂取してはいけないということではありませんが、摂取する量や頻度を日ごろから気をつけないといけませんね。

 

最後に、リハビリ方面から皆さまにアドバイス!

 

当院の泌尿器科、皮膚科のホームページも記載しておきます。ご参考にしてください。

トワコクリニック(泌尿器科)
トワコクリニック(皮膚科)


当院医療スタッフのご紹介

整形外科医(パン)医師

IMG_0072

華東医院の主任医師でもある潘(パン)医師、当リハビリ科では毎週土曜日に診察可能。2001年には茨城県立医科大学でも研修医として着任経験あり。整形外科・小児リハビリが専門。足底板作成のプロフェッショナル。

人気の中国人セラピスト夏先生と一凡先生

夏先生1小さいサイズ

【夏先生】
首・腰・脊柱の問題をメインに解決してくれる夏先生。特に頸椎の問題を抱える患者様は夏先生に診てもらうケースも増えてきました。マッケンジー法を習得したお勧めできる先生です。土日のみ

一凡写真小
【一凡先生】
骨盤矯正や肉体改造を得意にする女性セラピスト。運動療法による骨盤矯正、産前産後のケアには定評がありファンが多いです。※現在休止中

ナースによる血圧測定(毎日)

 看護師

看護師によるリハビリ前の血圧測定を導入中です。
思っていたより血圧が高い方も多くいらっしゃいます。当院では皆様のトータルな体調も見ながら治療を行います。  


 リハビリと針・漢方治療(火・金・日)

薬膳 漢方 健康食 Chinese medicine with medicinal herbs

当リハビリ科では、慢性化一歩手前の疾患などに対して、二次的な治療方法として針治療や漢方治療等の中医学も取り入れています。

対象は、長引く痛み・痹れなどの骨関節・筋肉系の疾患など。

日本式のリハビリテーション治療と、中医学の組み合わせができるのは当リハビリ科のみ。   当リハビリ科には台湾の中医師が毎週の火曜日・金曜日・日曜日に着任します。

(中医の先生も数名いますので、リハビリ科で中医治療を希望とお申し出ください。)


股関節の柔軟性を高める痛くない「DEEP STRETCH

WeChat Image_20180626090955

人は「股関節から歳をとる」と言われています。股関節の柔軟性を高めるための「ディープストレッチ」を治療に取り入れています。これは私の得意分野ですので是非体験してください。


  上海整形外科治療(トワコクリニックリハビリ科)は日系のクリニックです。

腰痛・O脚・X脚・偏平足・ぎっくり腰・坐骨神経痛・四十肩・足首捻挫・肉離れ・椎間板ヘルニア・アキレス腱断裂・むちうち・関節や筋肉の痛み・テニス肘・ゴルフ肘・野球肩・野球肘のような整形外科疾患、姿勢不良等に対応致します。 症状に合わせた治療を行い、全身調整によるアプローチにより根本治療を行います。ご相談などがありましたらお気軽にご連絡ください。

17C4DD03-170C-48B4-80F7-77A118BA2E18

過去のブログ記事トップ5

第1位:家族がノービザで来て残り2日でぎっくり腰、どうしますか?
https://pt-shanghai.com/2504/

第2位:この方の痛み、これが噂の四十肩・五十肩?
https://pt-shanghai.com/2429/

第3位:最終手段としてのブロック注射も対応可能です。
https://pt-shanghai.com/2619/

第4位:2019年新規メニューは女子トレ&お顔の神経反射療法(不眠・更年期等)
https://pt-shanghai.com/2626/

第5位:腰椎すべり症とヘルニアとの違いは?
https://pt-shanghai.com/2634/

wechatのID検索は、pt-shanghai

その他の過去のブログ記事一覧はコチラです。

シェアする

著者情報

水流 理 (つる おさむ)

水流 理 (つる おさむ)

上海在住5年目の理学療法士。術後の入院リハビリは華山・華東医院と提携し、外来リハビリは永恵華クリニックで行っている。スポーツ障害や肩、腰、膝など の整形外科疾患を得意とする。スポーツ整形への知識・研究が深い。

コメントはありません

コメントを投稿する

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください