【骨盤の歪み】 あなたの身体の不調、骨盤の歪みが原因かも !?

皆さま、こんにちは!TOWAKO整形外科/リハビリ科アシスタントの小林林(リンリン)す。

整形外科の潘医師、リハビリ科の水流先生のサポートをしています。\(^o^)/

リハビリ科から皆さまへ、カラダの事、リハビリのあれこれ、リンリンの独り言(笑)などをお届けしてまいります。

 

さて、整形外科/リハビリ科、リンリンブログの第七回目は、“骨盤の歪み”に関連して、

もそも骨盤がゆがむとはどういうことなのかなぜ骨盤がゆがんでしまうのか、骨盤がゆがむことによって身体にどのような症状が出てくるのか等についてお話させていただきます。

——————————————————————————

 

“骨盤のゆがみ”という言葉、リンリンも聞いたことはあります、が、正しく理解をしていなかったのが正直なところです(反省> <)

皆さま、ぜひリンリンと一緒に勉強しましょう!

 

(骨盤のゆがみとは?)

骨盤には正しい位置があり、その正しい位置に骨盤がないと身体のいたるところに不具合が生じてくるそうです。

 

そもそも、“「骨盤の正しい位置」”とは、どこなのでしょうか?

→→座っている場合も立っている場合も骨盤が床や椅子に対して平行・垂直になっているポジションが正しい位置とされています。

骨盤が正しい位置にない場合には、猫背反り腰になりやすく、姿勢が悪くなりやすいそうです。

背筋を伸ばすことは、骨盤が正しい位置でないと、反り腰に繋がってしまうので注意が必要です。

 

骨盤は身体の要で、上半身と下半身をつなぐ部分であり、さらに内臓をも支えています

また、骨は男性と女性では形状が異なるそうで、女性の骨盤は横幅が広く柔軟性に優れた作りになっています。それは、赤ちゃんをお腹の中で育てられるようにするためなのですが、柔軟性に優れている事で逆に、骨盤の歪みも起こりやすいと言われています (> <;)

男性よりも女性のほうが骨盤が歪みやすいようです。

 

(骨盤がゆがむ原因とは?)

骨盤を支えている腰回りの筋肉が固まってしまうことや、骨盤の位置が左右でズレていることが主な原因だそうですが、それが、日常生活の癖で起こることがほとんどというのだから驚きです…

例えば、

  • カバンを持つ時にいつも同じ方の手で持っている
  • 足を組む癖がある、足を組む際にいつも同じ方を組む癖がある
  • 左右どちらかに重心をかけて立つ癖がある
  • ハイヒールを履くことが多い
  • うつ伏せで寝ることが多い

上記の他にも、妊娠・出産加齢による筋力低下などがあります。
また、ケガをした部分をかばい続けていると、全身のバランスが崩れて骨盤が歪むこともあるそうです。

 

(骨盤がゆがむとどうなる?)

骨盤が歪むと、身体にさまざまな影響を及ぼす恐れがあるようです。例えば、

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 冷え性
  • 便秘
  • むくみ
  • 下腹が出る
  • 代謝が悪くなり太りやすい
  • ひどい生理痛や生理不順
  • O脚やX脚
  • 不眠や自律神経の乱れ

(骨盤の歪みは4タイプ !?)

さらに驚くことに、骨盤の歪みは1種類だけではなく、4タイプがあるそうで、歪み方や出てくる症状が異なります。それぞれのタイプの特徴とそれによって生じる症状を見ていきましょう!

前傾タイプ

  • 特徴:女性に多い
  • 主な症状:腰痛・下腹が出る・太ももが張りやすいなど

後傾タイプ

  • 特徴:筋力低下や加齢によって起こることが多い
  • 主な症状:猫背・垂れ尻・垂れ胸・肩こりなど

開きタイプ

  • 特徴:骨盤が横に開くタイプの歪みで産後の方に多い
  • 主な症状:下半身太り・O脚など

左右傾きタイプ

  • 特徴:お腹やお尻の筋肉に左右差があると起こる
  • 主な症状:腰痛・背骨の曲がり・肩こり・外反母趾など

ぜひご自身の症状と照らし合わせて、骨盤の歪みタイプをチェックしてみてください。

 

セルフチェックやストレッチだけでは限界もあるでしょうし、痛みやだるさ、不調が続くようであれば、お気軽に、お早めに、当院リハビリ科へご相談ください!

 

骨盤のゆがみに関しては、まず生活の癖を意識して直してみることや、ストレッチもかなり有効ですから、手遅れになる前に試してみましょう!

そこで次回は、TOWAKOリハビリ科、水流先生による「骨盤のゆがみ」に有効なストレッチや対策についてアドバイスをいただきます!

乞うご期待 v(^o^)v

 

当院の泌尿器科、皮膚科のホームページも記載しておきます。ご参考にしてください。

トワコクリニック(泌尿器科)
トワコクリニック(皮膚科)


当院医療スタッフのご紹介

整形外科医(パン)医師

IMG_0072

華東医院の主任医師でもある潘(パン)医師、当リハビリ科では毎週土曜日に診察可能。2001年には茨城県立医科大学でも研修医として着任経験あり。整形外科・小児リハビリが専門。足底板作成のプロフェッショナル。

人気の中国人セラピスト夏先生と一凡先生

夏先生1小さいサイズ

【夏先生】
首・腰・脊柱の問題をメインに解決してくれる夏先生。特に頸椎の問題を抱える患者様は夏先生に診てもらうケースも増えてきました。マッケンジー法を習得したお勧めできる先生です。土日のみ

一凡写真小
【一凡先生】
骨盤矯正や肉体改造を得意にする女性セラピスト。運動療法による骨盤矯正、産前産後のケアには定評がありファンが多いです。※現在休止中

ナースによる血圧測定(毎日)

 看護師

看護師によるリハビリ前の血圧測定を導入中です。
思っていたより血圧が高い方も多くいらっしゃいます。当院では皆様のトータルな体調も見ながら治療を行います。  


 リハビリと針・漢方治療(日曜日のみ)

薬膳 漢方 健康食 Chinese medicine with medicinal herbs

当リハビリ科では、慢性化一歩手前の疾患などに対して、二次的な治療方法として針治療や漢方治療等の中医学も取り入れています。

対象は、長引く痛み・痹れなどの骨関節・筋肉系の疾患など。

日本式のリハビリテーション治療と、中医学の組み合わせができるのは当リハビリ科のみ。   当リハビリ科には台湾の中医師が毎週日曜日にリハビリ科に着任します。

(中医の先生も数名いますので、微信でお尋ねください。)


股関節の柔軟性を高める痛くない「DEEP STRETCH

WeChat Image_20180626090955

人は「股関節から歳をとる」と言われています。股関節の柔軟性を高めるための「ディープストレッチ」を治療に取り入れています。これは私の得意分野ですので是非体験してください。


  上海整形外科治療(トワコクリニックリハビリ科)は日系のクリニックです。

腰痛・O脚・X脚・偏平足・ぎっくり腰・坐骨神経痛・四十肩・足首捻挫・肉離れ・椎間板ヘルニア・アキレス腱断裂・むちうち・関節や筋肉の痛み・テニス肘・ゴルフ肘・野球肩・野球肘のような整形外科疾患、姿勢不良等に対応致します。 症状に合わせた治療を行い、全身調整によるアプローチにより根本治療を行います。ご相談などがありましたらお気軽にご連絡ください。

17C4DD03-170C-48B4-80F7-77A118BA2E18

過去のブログ記事トップ

第1位:家族がノービザで来て残り2日でぎっくり腰、どうしますか?
https://pt-shanghai.com/2504/

第2位:この方の痛み、これが噂の四十肩・五十肩?
https://pt-shanghai.com/2429/

第3位:最終手段としてのブロック注射も対応可能です。
https://pt-shanghai.com/2619/

第4位:腰椎すべり症とヘルニアとの違いは?
https://pt-shanghai.com/2634/

wechatのID検索は、pt-shanghai

その他の過去のブログ記事一覧はコチラです。

 

 

シェアする

著者情報

水流 理 (つる おさむ)

水流 理 (つる おさむ)

上海在住5年目の理学療法士。術後の入院リハビリは華山・華東医院と提携し、外来リハビリは永恵華クリニックで行っている。スポーツ障害や肩、腰、膝など の整形外科疾患を得意とする。スポーツ整形への知識・研究が深い。

コメントはありません

コメントを投稿する

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください