車いすのシニアとヘルパー

上海の有料老人ホームを視察

740044D0-4829-4036-A908-9595EF146F42A40607A9-4DAE-4705-BD4B-B8C8EE673D6D64227B82-012B-41A6-87E8-46E06A2E846F902FF9B7-7B18-40D3-AD46-96A02BEA1F6AE24B3D9A-7771-450D-9BE8-1F08CD0D8DA6

かなり昔の視察になりますが、日系の有料老人ホーム、リエイさんを視察した際の写真です。

チャイナエイドと同じ時期に視察があり、日本からも多くの視察団が来海していました。

普段はなかなかこういう現地の施設を見に行く機会がありませんが、また近々見に行きたいと思っています。

上海には7.8年前には巨大な有料老人ホーム、親和園という所がありました。私も友人にご紹介を受けて一度見学に行きました。

 

噂ではその後、ほぼ満床になったとの話を聞きましたが、いつのまにか施設は売却されていました。

 

こちらでは老人ホームも投資の一環という部分もあります。


お問い合わせはWeChatでも大丈夫です。
以下のQRコードをスキャン頂くか、
pt-shanghai
とID検索してください。

17C4DD03-170C-48B4-80F7-77A118BA2E18

 

過去のブログ記事はこちら

シェアする

著者情報

水流 悠理 (つる ゆうり)

水流 悠理 (つる ゆうり)

上海在住5年目の理学療法士。術後の入院リハビリは華山・華東医院と提携し、外来リハビリは永恵華クリニックで行っている。スポーツ障害や肩、腰、膝など の整形外科疾患を得意とする。スポーツ整形への知識・研究が深い。

コメントはありません

コメントを投稿する